施術の副作用を知っておこう【医療脱毛を受けるならチェック】

肌ケアの注意点

前後に気をつけること

女性

武蔵小杉には医療脱毛で肌をつるつるにしている人が沢山います。
医療脱毛は効果が高く短期間で終わるので、武蔵小杉でも人気のある脱毛です。
しかし、医療脱毛には注意点もあります。
これから武蔵小杉で医療脱毛をするなら、肌ケアをしっかりすることが大切です。
武蔵小杉では黒いメラニンにダメージを与えるレーザーを照射して、毛根から焼き切る方法で脱毛をしています。
肌が極度に日焼けしていると、レーザーを照射したときに痛みが出ることがあるので注意が必要です。
医療脱毛している途中でも、日焼けをするともとの肌色に戻るまでレーザーの照射ができなくなります。
そうなるとスケジュール通りに進まず、すっかり終わるまで何年もかかります。
計画的に医療脱毛をするためにも、日焼けをしないように日焼け止めを塗り、紫外線から肌をガードすることが大切です。
脱毛をする前日には、無駄毛を剃っておくように指示されます。
無駄毛を剃るのを忘れてしまうと、当日追加料金が請求されることがあります。
余計な負担を増やさないように、前日までに綺麗に無駄毛を剃っておくことが大事です。
剃るときにカミソリを使う場合は、肌に傷をつけないように慎重にする必要があります。
傷ついた肌にレーザーをあてるとダメージが大きいので、武蔵小杉ではほとんどの場合断られます。
また、毛抜きで抜いてしまうとレーザーを照射しても毛にダメージを与えることができなくなります。
医療脱毛をする前に毛抜きで抜いてしまうのは絶対NGです。

未成年でも脱毛できます

婦人

小学生の高学年になると、ほとんど大人と変わらない体つきになるので、わきや腕、足などのムダ毛を気にする子どもが増えるようになります。
ムダ毛をそのままにしていると、学校の水泳の授業の際に同級生にからかわれる可能性があります。
それを心配している武蔵小杉にお住まいの保護者の方があれば、医療脱毛を受けさせるようにしてください。
武蔵小杉には医療脱毛が受けられる美容クリニックが多くありますが、未成年者の場合は親の同意書や、保護者同伴のカウンセリングが必要なので、小学生や中学生の子どもが一人で契約することは出来ません。
また独自の年齢制限を設けているところもあるので、何歳から医療脱毛が可能かどうかについては、武蔵小杉のクリニックに直接問い合わせるようにしてください。
なぜ年齢制限を設けているのかというと、未成年者はまだ成長期の途中なので、ホルモンバランスが安定していないためです。
せっかく医療脱毛を受けても、またムダ毛がまた伸びてくる可能性があります。
子どもの皮膚は大人の皮膚より薄いので、医療レーザーの強い照射に耐え切れず、肌荒れしたり、火傷を起こす恐れもあるので、12歳以上や16歳以上など、年齢制限を設けるクリニックが多いのです。
クリニックの年齢制限をクリア出来ていれば、医療脱毛を受けることが出来ます。
武蔵小杉で子どもの肌をツルツルにしたい保護者の方は同意書にサインしたり、一緒にカウンセリングに行くようにしてください。

レーザー照射が可能な部位

脱毛

医療脱毛をすれば、生まれつき濃い体毛もしっかり永久脱毛できます。
医療脱毛とは、医療レーザーを体毛に照射して行う、ワンランク上の脱毛です。
脱毛したい体毛にレーザーをあてると、その部分の毛に熱エネルギーが集まります。
そして熱エネルギーによって細胞が破壊されて、体毛のヘアサイクルが乱れます。
レーザーの照射を何回か繰り返すごとに、徐々に体毛が薄くなり、やがて生えてこなくなる仕組みです。
さらにレーザーにはコラーゲンの生成を促進する働きもあるので、肌の若返り効果も期待できます。
武蔵小杉でも、医療脱毛ができる所が沢山あります。
武蔵小杉に住んでいて、夏になる前に両わきや二の腕、ビキニラインなどの体毛を無くしたい人にお勧めです。
ちょっと前は、医療レーザーを照射する際に強い痛みがありました。
しかし、武蔵小杉には最新鋭のレーザーを導入している所が多いので、照射してもほとんど無痛で脱毛ができます。
基本的に髪の毛以外ならどこでも脱毛可能です。
ただし、黒く日焼けした肌、色素沈着がひどい肌には、レーザー照射ができない場合もあります。
レーザーがメラニン色素に反応してしまうためです。
ターゲットの体毛の周りにシミやほくろがある場合も同じです。
ただし、シミやほくろに事前にテープを貼ってもらえば、脱毛ができることもあります。
武蔵小杉で医療脱毛をしたい場合は、とりあえずカウンセリングに行ってみて、肌や体毛の状態を診てもらうのがお勧めです。